顔に関する悩みは誰でも気になります

毎日メイクをするという女性は少なくないでしょう。メイクをするだけできちんとした印象を与えることや、自分をより美しく見せることができるのです。しかし、忙しくなるとメイクの時間に煩わしさを感じるということもあります。メイクをしなくても綺麗でいられたら良いのにと思う人もいることでしょう。そんな悩みを解決してくれるのがメディカルアートメイクというものです。

メディカルアートメイクはこんな人におすすめ!

忙しい朝のメイク時間を短縮したい

どの家庭でも朝はドタバタするものです。朝食の支度や家族を送り出すのに追われて、自分の支度が途中になってしまうという人も少なくないでしょう。このような場合、アートメイクをしておくだけで眉やアイラインを描く手間や時間を省くことができるのです。ちょっとした時間短縮ができます。

プールや海、温泉を楽しみたいけどメイクもキープしたい

プールや海、温泉を思いっきり楽しむとなるとメイクはほとんど落ちてしまうでしょう。最近ではウォータープルーフの化粧品も多くなりましたが、それらは防水加工がしてある化粧品ということになるので肌には優しくありません。こういう場合も大きなメイク崩れの心配もないアートメイクのほうが便利だといえます。

ちょっとした外出でもメイクを欠かすことができない

近所のコンビニやスーパーへ行くとき、家のゴミ出しなど近所をちょっと歩くだけといったときまで、メイクをするのはとても面倒です。しかし、そういうときに限って誰かにばったり会ってしまうということもあるでしょう。アートメイクをしていれば、描いていなくてもメイクをしたときのような眉毛なので恥ずかしくありません。

加齢や治療で眉毛がうすくなってきた気がする

抗がん剤の治療で眉毛が抜けてしまったという場合や、怪我や剃りすぎて眉毛の生えが悪くなったという場合にもアートメイクは便利です。施術の方法によっては、一本一本綺麗に再現するような形で描くこともできるでしょう。また、自然な仕上がりを期待できるので周りに気づかれることもほとんどありません。

左右対称で綺麗なメイクをすることがなかなかできない

自分でメイクをしていると、どうしても左右対称に描けないということがあります。アイラインや眉毛が片方だけ太くなってしまった経験のある人もいるでしょう。しかし、アートメイクは医師の元で綺麗にデザインをしてから着色するので、左右対称で美しく描くことができます。また、アートメイクをベースにして自分で描き加えて練習してみても良いでしょう。

メディカルアートメイクに関する記事一覧

ウーマン

施術できる部位

メディカルアートメイクは顔や胸などいろいろな部位に使うことができます。中でも人気なのは眉毛への施術でしょう。また、難しいアイラインもアートメイクで描いておくことができます。きちんとデザインするので化粧と違ってズレたりする心配もないでしょう。

READ MORE
女の人

流れを知ろう

メディカルアートメイクを行うときはクリニックで施術を受けましょう。目の周りに針を使う施術なので、専門的な知識がない人が行うのは大変危険です。また、アートメイクは薄くなるけれど完全に消えないということを理解したうえで施術の流れを確認しましょう。

READ MORE
レディ

料金を確認しよう

メディカルアートメイクにはどれくらいの料金がかかるのでしょうか。代表的な施術である眉毛の相場料金を確認しましょう。眉毛の場合、1回で約2万5千円から3万5千円くらいの料金が設定されています。施術は3回に分けて行われるのが一般的なのでそのことをきちんと考えておきましょう。

READ MORE
カウンセリング

クリニックを選ぶ

施術を受けるクリニックを決めるときには、施術する人が資格を保有しているのかどうかを確認しましょう。また、新しい技術を取り入れているところなのかも重要になるでしょう。自分の理想とするアートメイクのためにしっかりとデザインをしてくれる人がいるかどうかも大切です。

READ MORE
人気の高い美容皮膚科をリサーチ☆
悩みをすぐに解決☆ 大阪で評判の高い美容皮膚科
多くの施術法を提供中! 大阪で脂肪吸引を受けたいなら必見!
治療経過を詳しく紹介中! プラセンタ注射の基礎知識を詳しく解説!
手軽にエイジングケアをしよう 【PR】
アートメイクなら安心できる
経験豊かなスタッフが対応

メイクなしで綺麗をキープ

相談

メディカルアートメイクは皮膚に着色するメイク

落ちないメイクとして女性に人気となっているのがメディカルアートメイクです。代表的なのが眉毛のアートメイクで、対象となる部分のデザインを話し合い、その通りに皮膚の浅い部分に色素を着色するというものです。普通のメイクと違って肌の上ではなく、浅い部分に色を入れているので洗顔をしても落ちることがありません。

肌に色を入れる刺青とは少し違っている

肌に色素を入れると聞いて刺青と同じなのではと感じた人もいるでしょう。しかし、アートメイクは刺青と違ってそれよりも浅い部分に着色を施しています。一回で肌の深い部分に彫り込む刺青は色が落ちるということはありませんが、アートメイクは2年前後で色素が抜けて薄くなります。

ナチュラルな仕上がりが刺青との大きな違い

アートメイクが肌のどのあたりに着色されるのかというと、表皮すぐ下0.01から0.03mmの部分に色素を入れています。刺青のようにより深い層に色素を入れるとベタッと塗ったような感じの仕上がりになってしまいます。しかし、浅い部分に着色するアートメイクは自然でナチュラルな仕上がりを作ることができるのです。

広告募集中